FC2ブログ
TOP > 2009年07月

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.26

茶道本

暑い・・・。
夏は暑いものとは言え、こんなに暑いと頭がフラフラしてきます。

先日、映画「ハリーポッターと謎のプリンス」を観てきました。
この作品は原書で読んだのみで、日本語訳を読んでいなかったのですが、
自分の中で想像していた世界と映画化された世界がだいたい一致していたので、
一応、ちゃんと読めていたんだ、とほっとしました。
原書、2回読んでやっとイメージできたんですが・・・。。


さて、全く話が変わりますが、今日は、手元にある茶道に関する小説や
エッセイをリストアップしてみました。
気軽に楽しめるので、お茶の世界になんとなく興味がある方にもお勧めです。


松風の家〈上〉 (文春文庫)松風の家(上)(下) (文春文庫)
(1992/09)
宮尾 登美子




利休にたずねよ利休にたずねよ
(2008/10/25)
山本 兼一




日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ 日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ
(2008/10/28)
森下 典子




ちょっとお抹茶しませんか―ゆるゆるほっこり茶道生活ちょっとお抹茶しませんか―ゆるゆるほっこり茶道生活
(2006/12)
渋谷 陽子



お茶では季節感をとても大切にします。
そのため、夏は涼しさを演出するための工夫を体感できたりして、
お稽古がとても面白いです。

お菓子が涼しげで透明感のあるものだったり、
お点前で使うお水を入れておく入れ物(水指)の蓋が
葉っぱだったりするんですよ:D


スポンサーサイト
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。