FC2ブログ
TOP > 料理

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11.23

食幹

先日は、お茶のお稽古のお友達とちょっと早めの忘年会でした。

今回は私が幹事だったので、以前一度だけ連れて行ってもらったことのある
和食のお店を予約。
「食幹」という渋谷から徒歩7分くらいの、ものすごく目立たない場所にあるお店です。
大きな看板もなくて、知らないと見つけられないようなお店ですが、人気のようで、
以前行った時もこの日もお客さんでいっぱいでした。

コースは「おまかせ」コースと「つまかせ」コースの2種類あります。
女性なら軽いほうの「つまかせ」で十分かと。
コースは、ここのお店の名物とも言われている「トマト味噌」と
野菜の盛り合わせから始まります。
そのトマト味噌が美味しいので、今回は買って帰りました。

festinalente

翌日の夕食は、トマト味噌があるおかげで、野菜を切っただけのざっくり
したもの一品。それに「男子ごはん」を観ていて食べたくなった餃子。

festinalente

一度で焼こうとしてフライパンに詰めるだけ詰めたので、
なんだか、みっしりとした印象の餃子・・・。うむー。
しかもギャラリーがいたので、ひっくり返す時はちょっと緊張。
ぐだぐだにならず、ホッとしました。



ちなみに、前述の忘年会は女性3人の集まりだったのですが、そのうちの一人が
私たちに、かわいらしいバラを一輪ずつプレゼントとして用意してくれていました。
「数日したら花びらが開き切っちゃうから、そしたらお風呂にでも浮かべて
最後まで楽しんで♪」て。
その女性はいつも生活を楽しむ小さなヒントをくれる素敵な人です。
以前、お家に伺った際もいろいろと感激して大騒ぎしました。

「毎回、彼女に会うとなんか女子力が上がる気がするんだよねーーー」
「ほんとだねーーー、気がするだけだけどねーーー」
と女子力の低いことを反省しながら帰りました。



スポンサーサイト

2010.05.17

母の日

先週の母の日に予定が合わず、少し遅れましたが、
土曜日のお昼に実家の母と、恵比寿のモナリザに食事に行きました。

ここは以前誕生日に連れてきてもらって、とても気に行ったお店。



festinalente




ミシュランで星がついているだけあって、お料理が美味しいのはもちろんですが、
盛り付けも素晴らしくて、目でも楽しむことができます。
こんな料理本もでています。


「モナリザ」の食卓 おいしいスープとサラダがあれば「モナリザ」の食卓 おいしいスープとサラダがあれば
(2005/08/06)
河野 透




「モナリザ」の食卓2 火をとおす野菜フレンチ「モナリザ」の食卓2 火をとおす野菜フレンチ
(2007/03/01)
河野 透




festinalente
前菜。



festinalente
メインのお魚料理。
真珠のネックレスをイメージしたというお皿がとても綺麗。
ちょうどこの日、母に真珠のピアスをプレゼントしたので、それともぴったりでした。



festinalente
デザートの盛り合わせ。イチゴのお人形が可愛すぎ。


この他に小さなアイスクリームがあったのですが、これは
「ちょっと変わった食材で作ってあります。よかったら、当ててみてください。」
とのこと。

食べてみると、私のほうはわかりやすくて、さくらとグレープフルーツの2種類。

ただ、母の方のアイスクリームの味が二人とも「・・・???」。
なんと正解は

一つはパセリ、もう一つはフォアグラ

でした。わからんわ・・・。
でも、美味しかったです。



母にプレゼントしたピアス。

festinalente


ランチの後、渋谷の東急でやっている「大なごや祭」に寄って
大好きな風来坊の手羽先を買おうとしたのですが、
会場の外まで続く行列ができていて、泣く泣く断念しました。

予想以上の混雑で、結局、何も買わずにでてきてしまったのですが、
久しぶりの名古屋グルメにやたら興奮する私に、母は若干呆れ顔でした。

北海道や福岡と比べると、名古屋って美味しいもののイメージがあまりないけど、
実は本当にいろいろなものが美味しいんですよね。
ただ、色みが全体的に茶色なのがネックかと。
味噌カツ・味噌煮込みうどんをはじめとする味噌料理とか、手羽先とか、
あんあけパスタとか、五平もちとか、えびフライとか、小倉トーストとか。
あ、でもういろうは、割とカラフルです(笑)。


たくさんの美味しいものをはじめ、最新の名古屋情報は、
着物にも詳しいお姉さんがブログを書いていらっしゃるので、
私の話を「ほんとかよー」と思った方はそちらもぜひ御覧ください。



2010.03.02

浜松餃子とカレー大臣の結論

浜松土産の浜松餃子。
昨日の夜は、浜松風に放射線状に丸く並べて焼けたのに、
あっという間にお箸が入って、写真を撮る間もなかったので、
今日になって一人分でリベンジ。
でも、これじゃ普通の餃子にしか見えない(涙)。


festinalente


浜松餃子は野菜がたくさん入っているのか、
さっぱりしていて美味しいです。
本場浜松では、放射線状に焼いた餃子の真ん中にゆでもやしが
添えられていると聞いたので、
今度焼くときは豪華に(?)もやしもつけて、より浜松風にしてやろう。



一方、カレー大臣目指して、スパイスの本を読んでみたり、
インターネットで調べてみたり、いろいろしていた件は
浅い知識で時間だけかけて作るよりも、
その道のプロが、厳選した材料を研究しつくした配合で合わせて作った
物の方が、手早く作れて美味しい、という結論に達しました。。。


で、最近気に入っているカレーソース。MADE IN イギリス。

festinalente


近所のスーパーで見つけたのですが、あとでカルディのほうが
少しお安く売っていたのを知りました。
味は3種類。
気に入っているのは中辛のティッカマサラですが、
他にこれより甘めのコルマ、辛口のマドラスがあります。


作り方は・・・野菜とお肉を炒めて、このソースを追加して煮込むだけです。
が、それだけだと私は少し物足りない気がしたので、

・ソースを薄めの鶏ガラスープでのばす
・隠し味に、ソースとインスタントコーヒーを適量追加
・仕上げにガラムマサラ

これを軽く煮込みます。
さらに辛さを足したいときは、チリペッパー(カイエンペッパー)を
足すとよいです。


2010.02.18

鶏のソテー

うちでは、居酒屋や小料理屋かというようなおつまみ系の料理の
出番が多いのです。

私の好きなTV番組の一つ「男子ごはん」で、「冬のおつまみSP」を
やっていたのでそのなかの一品をさっそく試したら美味しかった


鶏のソテー ネギクリームチーズ和え

■材料(2人分)

 鶏もも肉:1枚、青ネギ:6本
 クリームチーズ:50g
 おろしにんにく:少々
 サラダ油:大さじ1/2
 塩・こしょう:各適宜

■作り方

1、クリームチーズは電子レンジ弱か室温で柔らかくする。
  青ネギは小口切りにする。
2、鶏肉は余分な脂身を取り除いて1cm幅に切る。
  フライパンを熱してサラダ油をひき、鶏肉を入れて蓋をし、
  強火でこんがりと焼く。
3、ボウルに青ネギ、クリームチーズ、おろしにんにく、
  2を加えて混ぜ、味をみながら塩、こしょうでととのえる。


ちなみに、このレシピだと味付けは主に、塩・こしょうとなっていますが、
塩を少し控え目にして、ほんの少しだけお醤油を足したら、
クリームチーズと結構相性がよくて好評でした。

それと、クリームチーズは電子レンジか室温で柔らかくしてから
焼きあがった鶏肉やネギとボールで合わせる、となっていますが、
私はフライパンの中で、冷蔵庫から出したばかりのクリームチーズも
ネギもぜんぶ混ぜちゃいました。
めんどくさがり屋です…。


いつも番組を見ながら、この撮影場所はどこなのかなぁ、
品川の海の方かなぁ、と思っていたのですが、
新木場にあるハウススタジオなのだそうです。

festinalente

撮影で使われているTRUCK FURNITUREの家具もいつもいいなぁと思って見ています。
格好いいけど、高い・・・。

festinalente

2010.02.09

辛い、の表現

最近、美味しいカレーのコツを密かに研究中ですが、
気が付いたのは、「私はストレートな辛さがあまり得意ではない」ということ。
そして、同じカレーでも北インドと南インドでは全く違っていて、
私の好みからいうと、目指すべきはおそらく
さらっとしていて辛さや酸味が強い南インドのカレーではなく、
トロリとしてコクのある北インドのカレーのほうだ、ということ。


この「辛い」という表現、英語ではいくつかあるんですよね。
特にDRYが「辛口」という意味を持つってこと、知りませんでした。
よくビールのコマーシャルで耳にしますね。

hot
辛い

spicy
香辛料のきいた、ピリッとした

dry
(ワインなどが)辛口の、甘くない

dry white wine
辛口の白ワイン


カレーの他に、最近研究したのが餃子の焼き方。
何を隠そう、これがかなり苦手でした。
数々の失敗をもとに、原因は自分でもわかりはじめていて、
一つは鍋に油を十分にひいていないこと、あとは
入れる水の量が少なすぎて、焼き時間、蒸し時間ともに足りないまま
焦げ付いてしまうか、はたまた皮がパリッと焼けていない状態で
焦ってひっくり返そうとしてしまい、皮を破いてしまうこと。

でも、先日お土産に冷凍の浜松餃子をもらったので、
「せっかく頂いたのに、これを無駄にしちゃいかん!」と
いつもより大胆に、かつ辛抱強く焼いてみました。
浜松餃子の特徴は、1列に並べて焼くのではなく
フライパンで放射線状に丸くなるように並べて焼きます。

結果、皮がパリッとしたいい色の餃子が焼けました。
頂いた餃子は2パックあったので、翌日も練習を繰り返し、
さらに数日後に、自分で餃子を作って焼きの練習(笑)。
やっとちょっと自信がつきました。
この自信が重要なんですよね。


それにしても、頂いた浜松餃子はとっても美味しかったです。


«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。