--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.07

つるかめ

最近読んで面白かった本、2冊。

つるかめ助産院 (集英社文庫)つるかめ助産院 (集英社文庫)
(2012/06/26)
小川 糸



NHKでドラマ化されるそうです。
「かたつむり食堂」と同じ作者で、こちらもほんわか優しい小説でした。

舞台は南の島の助産院で、かたつむり同様、美味しそうなごはんとそれを幸せそうに
食べる人々がでてきます。
そして、温かい人々と、出産にまつわるエピソード。
私はまだ出産経験がないのですが、出産のすばらしさを今までとは違う視点で
知った気がします。
ちなみに、作者も出産経験がまだないのだそう。
こんな小説書けるなんて、すごいなぁ。


ジョーカー・ゲーム (角川文庫)ジョーカー・ゲーム (角川文庫)
(2011/06/23)
柳 広司



これは、会社の方が面白いですよと貸してくれた本。
戦時中の日本に作られたスパイ養成機関とそこで鍛え上げられるスパイたちの話。
一人ひとりでてくるスパイの能力が凄すぎ、かつ、話の展開も面白ので、読んでて
ゾクゾクしました。
続編もあるようなので、早く読みたいです。


スポンサーサイト

2012.06.25

まよパン

週末、葬儀に参列するため、急遽鹿児島へ飛びました。
鹿児島に行ったのは、高校生の修学旅行以来、2度目です。

鹿児島市中心部は、趣のある重厚な建物が多くて、その間を走る路面電車も
またかわいらしく、落ち着いた素敵な街でした。
鹿児島は、人もおおらかで、なんだろう、人を安心させるような懐の深さを
感じさせる人が多いように思います。
今回、悲しい思いをしながらの鹿児島滞在でしたが、鹿児島の人の温かさに
救われた気がしました。



ところで、行きかえりの飛行機の中で読んでいた本がこれ。

真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)
(2011/06/03)
大沼紀子




真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)
(2012/02/03)
大沼紀子



せめて飛行機の中では悲しい気持ちを忘れることができるよう、やさしい感じの本を
と買ってみたら、正解でした。面白くて、心が温まります。
おそらく世の中の女子は、この本を読んで、弘基派かクレさん派か見事にわかれるのでは
ないでしょうか(笑)。
しかもこの本の舞台や、作者などに自分との共通点があって、より親しみを感じました。


今回、いろいろ急だったので、羽田空港に行く直前の品川駅で急遽、化粧水やら一式を
買いました。あまり深く考えず、全部セットになっていたこちらをチョイスしたのですが
こちらもなかなかよかったです。

41nx33dah9L__SL500_AA300_.jpg

2012.06.03

マンゴー

お茶のお稽古仲間の方が、ドライマンゴーの美味しい食べ方を教えてくれました。


festinalente

前の晩に、プレーンヨーグルトにドライマンゴーを浸しておくだけ。
翌朝には、ドライマンゴーがもっちりプルプルになっていて、びっくりでした。

別の友人曰く、これは「おかえりマンゴー」というのだそうです(笑)。


2012.05.16

金環食

セブンイレブンにて、金環食を観察するためのグラス購入。

festinalente

1480円は高いでしょ、と思いつつ、近所の書店等ではこれより安いものを
見つけられなかったため、仕方なく。
こうなると、当日の天気予報が気になって仕方ない。
今のところは曇りがちという予報ですが、どうか晴れ女パワーが発揮できますように。

それにしても、昔々「2012年の金環食まで待ってるから~」と歌っていたドリカムの
センス(歌詞を作った方のセンスか)ってすごいなぁ。


2012.04.23

お祝いが重なりました

少し前に、学生時代の友人から連絡があり、フレンチレストランを営んでいる
ということを知りました。去年オープンしたばかりだそう。
彼が料理の道に進んだことも、それ以前に料理の世界に興味があったことも全く
知らなかったのでびっくり。

すごいなぁ、と思っていたら、しばらくして、今度は同じく中学・高校の6年間を
ともに過ごした別の友人から、このたび結婚しましたーとの連絡が入りました。

レストランを開店させた友人とこのたび結婚した友人も同級生で友人同士。
それならばと、友人のレストランにてみんなで結婚祝いをする、という
素敵な企画ができあがりました。


開店祝いのアレンジメントと結婚祝いの花束。
festinalente
たまプラーザにある「ラ・フランス」というこれまた素敵なお花屋さん
にお願いしました。


お花担当だった私は、みんなと別行動だったので、
最寄駅から一人地図を片手にお店へと歩いたのですが、なんせひどい方向音痴
なので、案の定道に迷い、早めに行くつもりだったのに、結局、みんなとちょうど
同じ時間に到着。あーあ。


日吉本町にある「レストラン・ジュパール」が、友人のレストラン。
静かな住宅街にありアットホームで可愛らしい佇まいなのでした。

そして、シェフである同級生の男子が作るお料理の数々。

festinalente
前菜。

festinalente
お魚料理。

festinalente
お肉料理。

festinalente
デザート。


自分のお店を持つプロですから、当たり前といえば当たり前ですが、
私なんかには到底マネできそうにないレベルの高いお料理にびっくり。

新婚さんの友人もとても幸せそうで、しかも最近、お腹の中に赤ちゃんがいる
ことも判明したとのこと。

いろんなお祝いが重なって、本当に幸せな一日となりました。


そうそう、結婚した友人にはこの日までに欲しいものを考えておいて!と
伝えてあったのですが、彼女からのリクエストは「圧力鍋」でした。
どこのメーカーがいいのか、別の友人が鋭意調査中ですが、
いいのがあったら、私も買いたいな、と思っています。
料理のプロに刺激されて、美味しいごはんをもっともっと作りたくなりました。
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。